日本語          中文          한국어          English          Tiếng Việt

カリキュラム案内

日本で進学を目指す学習者のための、毎日勉強する総合的なコースです。
基礎から文型を積み上げ、日本の高等教育機関で教育を受けるのに必要な「話す、聞く、読む、書く」4技能の習得を目指します。
3か月ごとの定期試験により自分の能力を把握することができ、各クラスの担任に勉強の進め方など相談することができます。
中級以上のクラスではレベル別、目的別に対応し、学習者の能力にあったクラスで勉強することができます。

学院記事

飛鳥学院は1986年に創立された歴史ある学校で、実力のある教師が揃っています。また約600名を収容できる立派な校舎を有しています。

飛鳥学院からの最新情報

New of ASUKA.

飛鳥学院 遠足

(2018年11月)

11月といえば、10月のハロウィンと12月のクリスマス・忘年会に挟まれて、 ちょっぴり影の薄い月ですが、「紅葉」に「七五三」、「ポッキーの日」などが あります。
「七五三」は、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳に七五三のお祝いをします。 参拝日は一般的には11月15日と言われていますが、11月15日前後は神社が大変混雑するので、近年は時期をずらして参拝されるご家庭も多いです。
日本の菓子メーカー・江崎グリコが1966年から発売しているポッキー(チョコレート菓子)が数字の1に似ていることから、11月11日が「ポッキーの日」となっています。
また、11月の第3木曜日は、フランスのボジョレー地方でその年の新酒が解禁となる日です。日本でもボジョレヌーボーの解禁日として、ワイン好きが待ちわびる日です。
・11月11日(日)  留学試験 
・11月28日(水)  飛鳥学院定期試験
・11月29日(木)、11月30日(金)  試験休み
・12月 2日(日)  日本語能力試験
飛鳥学院は全力で挑むあなたを応援しています。

2018年10月

10月になると涼しくなり、早いところでは紅葉も始まります。食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など過ごし方も様々です。皆さんの秋は、どのような秋でしょうか。

日本には1月から12月まで、旧暦の和名(わめい)があります。10月の和名は「神無月」(かんなづき)です。この月は、出雲(島根県)に全国の神々が集まるので、ほかの地域に神様がいなくなることから「神無月」と呼ばれます。逆に、神々が集まる出雲地方では、10月が神在月(かみありづき)と呼ばれるようになりました。

9月29日から10月8日まで 秋休み
10月  9日(火) 10月生新学期
10月26日(金) 遠足

2年生 箱根周遊

1年生 八景島シーパラダイス

※新入生(10月生)は来年の3月に遠足があります 

飛鳥学院で日本語と日本について学ぼう!!

 

学生からのよくある質問

Q&A