日本語          中文          한국어          English          Tiếng Việt

カリキュラム案内

日本で進学を目指す学習者のための、毎日勉強する総合的なコースです。
基礎から文型を積み上げ、日本の高等教育機関で教育を受けるのに必要な「話す、聞く、読む、書く」4技能の習得を目指します。
3か月ごとの定期試験により自分の能力を把握することができ、各クラスの担任に勉強の進め方など相談することができます。
中級以上のクラスではレベル別、目的別に対応し、学習者の能力にあったクラスで勉強することができます。

学院記事

飛鳥学院は1986年に創立された歴史ある学校で、実力のある教師が揃っています。また約600名を収容できる立派な校舎を有しています。

飛鳥学院からの最新情報

New of ASUKA.

(2024年2月)

4年に一度の夏のオリンピックイヤー(今年は、フランスのパリで開催)は、閏年(うるうどし)に当たります。閏年は2月29日まであります。地球が太陽の周りを一周するのにかかる日数が実は365日ではなく365.2422日だから、その調整のためにあります。子どもの頃、4年に1度の2月29日が誕生日の友だちがいて、なんとなく神秘的に感じていました。

ところで、そもそも、なぜ2月は28日なのでしょうか? 現在では一年は、1月から始まり12月で終わりますが、ローマ時代では、3月から始まり2月で終わっていました。当時の皇帝、ユリアス・シーザーは、奇数月を31日、偶数月を30日と決め、一年の最後の月となる2月を29日にすることで調整し、1年を365日としました。ところが、次の皇帝のアウスグタスは自分の誕生月の8月が30日までしかないことを不満に思い、一日増やし31日までとしました。この時も2月で帳尻を合わせ28日としました。そして閏年は29日になりました。
・2月21日(水)        飛鳥学院留学生定期試験

・2月22(木).23日(金)   試験休み

今年度最後の試験です。頑張りましょう!

(2024年1月)

おにぎり専門店が急増して、空前のおにぎりブームが到来しています。1月17日は「おむすびの日」です。 「おにぎり」と「おむすび」は同じで、単に呼び方が違うだけです。おにぎりは
英語で「rice ball」です。お米の収穫時期でもないのになぜこの日? と思う人もいるかもしれません。この日の由来は1995年1月17日に発生した阪神大震災です。寒く厳しい時期に避難生活を強いられた人々にボランティアによって配られたのがおむすびでした。そして、この震災を忘れないようにと制定されたのが、心と心を結ぶ「おむすび」の日です。なお、おにぎりの日もあって、こちらは6月18日です。お米の日は8月18日です。日付の由来は、「米」の漢字を分解すると八・十・八となることから、という説が有力です。
若者の米離れを防いでお米の消費を拡大する目的の記念日です。
みなさんは、おにぎりの具は何が好きですか? 鮭? 明太子? ツナマヨ?

・1月1日(月)  元旦

・1月8日(月)  成人の日

・1月9日(火)  新学期
2024年 初心にかえって新学期を迎えましょう

 

(2023年12月)

皆さんは、お蕎麦を食べますか?12月の食べ物といえば、「年越し蕎麦」ですね。
日本では、12月31日の大晦日(おおみそか)に年越し蕎麦を食べます。近頃の若い人は食べない人も多いですが、年越し蕎麦は、江戸時代から定着した日本の風習です。
英語では「buckwheat noodles eaten on New Year’s Eve」と言います。年越し蕎麦の由来については諸説あります。 蕎麦が細長いところから長寿を願う説、蕎麦が切れやすいことから悪縁を切る説などいろいろあります。来る年に願いを託して、食べるのが年越し蕎麦です。自宅で、蕎麦を茹でて食べる人が多いですが、出前やお店で食べる人も多いので大晦日は蕎麦店にとって一年で最も忙しい日になります。
・12月3日(日) 日本語能力試験

・12月6日(水) 飛鳥学院の定期試験 7.8日試験休み

・12月23日(土)~1月8日(月) 冬休み

寒い季節になりましたが、毎日がんばって学校に来ましょう。

(2023年11月)

11月11日が「ポッキー&プリッツの日」が有名ですが、「ちんあなごの日」「うまい棒の日」と、1の形に似ていることからつけられたものや、「生ハムの日」、生ハムの生産が盛んなスペインでは、11月11日の収穫祭の日に生ハムを作る習慣があります。この収穫祭にちなんで、日本生ハム協会が2016年に制定しました。「ベースの日」、楽器のベースの弦が4本であることから、「1111」を4本の弦に見立ててつけられました。他にも「介護の日」、「鮭の日」など記念日協会によると2023年8月3日時点で59件あり3番目に記念日の多い日です。ちなみに1番は8月8日67件、2番は10月10日60件です。

記念日としてつけられた理由を調べてみるのも面白いですよ。
・11月  4日 Jテスト(飛鳥学院校舎)

・11月12日 留学試験
これから冬到来ですので、風邪(かぜ)を引かないように過ごしましょう

学生からのよくある質問

Q&A