日本語          中文          한국어          English          Tiếng Việt

カリキュラム案内

日本で進学を目指す学習者のための、毎日勉強する総合的なコースです。
基礎から文型を積み上げ、日本の高等教育機関で教育を受けるのに必要な「話す、聞く、読む、書く」4技能の習得を目指します。
3か月ごとの定期試験により自分の能力を把握することができ、各クラスの担任に勉強の進め方など相談することができます。
中級以上のクラスではレベル別、目的別に対応し、学習者の能力にあったクラスで勉強することができます。

学院記事

飛鳥学院は1986年に創立された歴史ある学校で、実力のある教師が揃っています。また約600名を収容できる立派な校舎を有しています。

飛鳥学院からの最新情報

New of ASUKA.

(2021年3月)

3月3日の「桃の節句」には、ちらし寿司やハマグリのお吸いものなどを食べます。ちらし寿司には縁起のよいものをのせます。エビ(腰が曲がるまで長生きできますように)、レンコン(将来の見通しがよくなりますように)、豆(健康でマメに働けますように)などです。ハマグリのお吸い物は、ハマグリの2枚貝がもともと合わさっていた貝同士しか合わさらないことから、生涯ひとりの人と幸せに暮らせますようにと願いがこめられています。

3月といえば卒業のシーズンですね。学生の方は今までの環境を卒業して新しい世界に出て行く季節です。「業(ぎょう)」とは、「学問、技芸」などを意味します。「卒(そつ)」とは、「おわる、おえる」という意味があります。この二つを合わせて学問をおえるという意味で卒業となります。卒業する方は別れの時期でもあり、新しい出会いにも繋がる時期でもあります。卒業する飛鳥の生徒さんも、新しい世界で活躍してください。

・3月12日(金) 飛鳥学院卒業式

(2021年2月)

2月といえば、バレンタインデーですね。これは企業が仕掛けた行事です。日本のチョコレートの年間消費量の2割程度がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事です。日本では、1958年頃から流行し始め、1970年代後半に社会的に定着しました。バレンタインデーにチョコレートを渡すことを最初に考案したのは、東京都大田区の製菓会社だったともいわれています。2月14日に、女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈るという「本命チョコ」が日本型バレンタインデーでしたが、今では、恋人まではいかないが、友人として贈る「義理チョコ」。同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」。男性が女性に渡す「逆チョコ」。自分で買って食べる「自己チョコ」。また近年、男子中高生を中心にブームになりつつあると噂の、男性が男友達に贈り合ったりする「強敵(とも)チョコ」。家族に送る「ファミチョコ」などがあるそうです。
・2月12日(金)       春節の為 留学生お休み

(2021年1月)

1月といえば「正月」ですね。1日が元旦、3日までを三が日、7日までを松の内といいます。元日(がんじつ)と元旦(がんたん)の言葉の違いを知っていますか。元日は1月1日のことをいい、元旦は1月1日の朝のことをいいます。「元」の字は、一番はじめという意味です。「旦」の字は、「日」が太陽を、その下の「一」が地平線を表わしていて、地平線の上に太陽があること、つまり日の出や朝を意味します。だから元旦は1月1日の朝のことです。しかし、元日と同じ1月1日の意味で使われることも一般化してきました。ところで皆さんは、七草粥(ななくさがゆ)という言葉を聞いたことがありますか。正月七日に無病息災を祈って、春の七草を入れて炊いた粥(かゆ)です。正月に疲れた胃袋を整えるために食べます。最近では、スーパーに七草セットが売っているのでとても便利です。
1月  1日     元日

1月 6日(水) 留学生1年生 新学期

1月 11日(月)  成人の日(祝日)

1月  12日(火)   留学生2年生 新学期

1月は新年の抱負(自分が心の中で抱く決意)を考えて、それを紙に書いて壁に貼ってみましょう。夢や目標は紙に書くと実現すると言われています。皆さんもどうぞ。

 

 

(2020年12月)

皆さんは蕎麦(そば)を食べますか?日本では、12月31日の大晦日(おおみそか)に年越し蕎麦を食べます。年越し蕎麦は、江戸時代から定着した日本の風習です。英語では「buckwheat noodles eaten on New Year’s Eve」ですね。年越し蕎麦の由来については諸説あります。 蕎麦が細長いところから細く長く生きられますようにという説や、蕎麦が切れやすいところから一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説などいろいろあります。来る年に願いを託して食べるのが年越し蕎麦です。自宅で蕎麦を茹でて食べる人が多いですが、出前やお店で食べる人も多いので大晦日は蕎麦店にとって一年で最も忙しい日になります。香川県、讃岐(さぬき)では、年末に蕎麦ではなくて「年越しうどん」を食べます。そして年が明けてから「年明けうどん」を食べるそうです。さすが、讃岐うどんで有名な「うどん県」ですね。蕎麦打ち教室にて、蕎麦打ち体験をしてみるのも楽しいかもしれません。
・12月2日    飛鳥学院定期試験

・12月3日、4日 定期試験休み
・12月25日から1月11日  冬休み

 

学生からのよくある質問

Q&A